ここは、漫画の作画補助用に作った3D素材を配布している『comic studio3Dモデル配布所』の別館です。
本館ではアップロードできるファイル容量が1ファイルにつき1MBまでとなっているため、もう少し容量の大きい3Dファイルをアップできるよう、こちらにもブログを作りました。

そこそこの容量の3Dデータをアップしたり、3Dとは関係ない話をしたりするかと思います。

3D素材の利用規約については、本館の方の左サイドバーをご覧ください。

本館のurl
http://hamstern.air-nifty.com/comic_studio3d/

2016年08月20日

ホームジムアレンジ版(3D素材)

clipのサイトにアップしたホームジムの3D素材のアレンジ版です。

homegym.zip

以下の三種類の3D素材を収録しています。

homegym001b.jpg

homegym001c.jpg

homegym001d.jpg
posted by pokopoko at 19:41| 素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

今さらになって訃報を知る

何の気無しに久しぶりにゲームメーカーFOGのサイトを覗いたら、社長の宗清紀之さんの訃報がサイトに掲載されていて驚きました。
まさか二月頃にお亡くなりになっていたとは……。

私はFOGのゲームは全てプレイしたわけではありませんが、風雨来記2という作品には結構はまりました。
あのゲームは「自分がまるで実際に旅に行ってるかのよう」に感じさせてくれるのが素晴らしかったですね。
沖縄は実際にはまだ行った事はありませんが、風雨来記2で沖縄のあちこちに行った事が本物の旅行の記憶のように強く印象に残っています。


そこそこ前にmissing partsという探偵ゲームもプレイしましたが、これもかなり面白かったです。
ちょっと冗長に感じる箇所もあったり、中盤から面白くなっていく感じで、序盤だけのプレイだといまいちに感じるかもしれませんが、登場するキャラ達の魅力や、中盤、後半のストーリー展開の面白さなどから、今までプレイしてきた推理物ゲームの中では上位に位置するほどの名作だと思います。

ミッシングパーツは今現在は携帯ゲーム機版(psp,vita用)が全話が入ったダウンロード版が2000円ちょっとで買えるので、推理ゲームがお嫌いでない方は是非一度はプレイしておく事をお勧めします。
シナリオも良かったし、それに加えてイラストを担当していた岸上さんが本当に素晴らしい仕事をされています。


FOGは後年は日本一ソフトウェアさんと組んで雨格子の館シリーズなどをリリースしていたようですが、社長さん無き後は日本一ソフトウェアさんが会社とブランドを引き継いでいってくれるようです。

posted by pokopoko at 13:32| 文章いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

パーツをカーブ状にぴったり複製する方法(素材制作メモ)

clipの方にアップした「牧場用の柵」には、柵がカーブ状に並んでいる物が含まれています。
一般の3DCGソフトにはパーツを円周状に回転させながら並べるツールが搭載されているのが多いですが、この機能ではパーツとパーツの間に隙間ができたり、逆に深くめり込んだりする事があります。
今回カーブ状にぴったりつながった状態で柵を複製する手法を、私がモデリングに使っている3DCGソフト(shade)でどうやったかをメモしておきたいと思います。
他の3DCGソフトでも同じ事ができるかわかりませんが、良かったら参考にしてください。


curve16001.jpg

こういうパーツをカーブ状にぴったりつながった状態で複製してみます。

まずは、パーツ(縦棒と横棒)を「パート」という物に入れます。
shadeで言うパートとは、フォルダーのようなものです。
このフォルダーには変換マトリクスという情報がデータとして格納されていて、パートを選択した状態で移動や回転をすると、その値が更新されます。
パート作成時は移動量はX,Y,Zいずれも0で、回転もX軸、Y軸、Z軸は0度となっています。


curve16002.jpg

中に縦と横棒が入っているパートを選択した状態で複製し、そのパートを少し回転してから移動をして、複製した方の縦棒が前の横棒とぴったりあう位置に調整します。
(パートの中身ではなく、パートを回転と移動をします。)

この段階で、移動したパートの方の変換マトリクスの値は変化していますので確認してメモをします。

今回の例では「変換要素」タブでは「回転」がY軸まわりで-9.33、「移動」がXは-1008.81、Zが-80.14となっていました。

curve16001.jpg

複製したパートは一旦非表示にします。

最初のパートを選択し、「複製>数値入力」ツールを、必ず原点をクリックして起動し、先ほどメモをした値を入れて実行します。


curve16002.jpg
さっきと同じ感じに複製されました。
「複製>数値入力」ツールは数値を指定して移動や回転した複製を作るツールですが、これを使う時は原点をクリックしないと位置がずれるので注意してください。


shadeというソフトは「繰り返し」というツールが搭載されていて、これは直前にやった行為を指定回数分繰り返す機能となっています。
今現在は「複製>数値入力」で、パートを指定の移動量と回転量で複製したばかりですが、この状態で繰り返しツールで10回繰り返してみると、

curve16003.jpg

こんな感じで、ぴったりつながった状態でカーブ状に形状を複製する事ができました。
curve16004.jpg
複製回数はもっと増やしてもいいでしょう。


他の3DCGソフトでも似たような機能を使えば、カーブ状にパーツをぴったりつながった状態で並べる事ができると思います。
もし機能が足りない場合は、そういうスクリプトを作ってみるとか。


今回使った方法は柵をカーブ状に並べるだけでなく、野球やサッカースタジアムの入り口のカット用の3Dモデルを作る時や、コロッセウム風のカーブ状に同じパーツが並んでいる建物の一部を作る時にも使えるでしょう。

一部の円形のビルで、普通の円形建物の作り方では難しい形状の物も、この手法で作る事ができたり。

円形の建物だけでなく、洋風の建物で六角形の建物パーツを作る時も、まずは一面を窓付きでモデリングし、そのパーツを回転と移動で六角形に並べてみるとか。
この場合は、隙間ができないようスナップツールなどを使うと良いでしょう。


curve16005.jpg

curve16006.jpg


posted by pokopoko at 12:41| 素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

ジャンプ流

前から気になっていた「ジャンプ流」というDVD付ムック(?)を買ってみました。
色々な漫画家の作画風景を収録したDVDが付属しているようです。

ファイル 2016-06-28 14 34 33.jpg

私が今回買ってみたのは、この食戟のソーマの佐伯俊さんの回です。
この回はコミスタとクリスタを併用して一枚のカラーイラストを描く様子が収録されているとの事で、これを選んでみました。

下書きとペン入れはコミスタでやり、着色はクリスタでやっているようです。
コミスタとクリスタではペンの挙動がちょっと違い、カラーイラストを描く時も「慣れたコミスタの方がなんか線が引きやすい」という事でペン入れまではコミスタでやる人もいれば、「もうクリスタのペンの挙動の方に慣れたので下書きからクリスタでやっている」という人もいるでしょうね。
私もまだ今はカラーイラストを描く場合もコミスタの方でラフと下書き、ペン入れを行ってさらに大まかな色分けをしてから、それをクリスタに持っていって色を塗っていくという感じです。


今回収録されているのはカラーイラストの作画動画なので、背景も含めた漫画の作画動画では無いのはちょっと残念に思いました。

漫画のペン入れの動画はyoutubeに色々な人がアップしていますが、中祥人さんという方が『パスタの王国』という漫画をコミスタを使って描く様子を動画にしたのをいくつかアップされていました。
今現在は残念ながらこれらの動画は作者さん自身消してしまったようです。
あの動画は結構見応えがあって何度も再生していたので、また再アップしてもらいたいですね。

posted by pokopoko at 14:57| 文章いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

選挙の投票先について

参議院選挙が公示され、各地で選挙演説が始まっています。

今この文章を読んでいる人達はそれぞれ違う価値観・境遇なので、「与党を応援したい」という人もいれば、「野党を応援したい」という人もいるでしょう。
私からは、特にどちらを応援しましょうとか言うつもりはありません。
みなさんそれぞれ好きな方に投票しましょう。
ただ、「それぞれの有権者は、自分にとって得になる方にきちんと投票しましょう」とは言いたいです。

これはものすごく当たり前の事を言ってるように見えますが、どうも世の中見ていると、「政治家の嘘にころっと騙されて、本来は自分の損になる方に投票してしまいそう」な人を今現在結構見かけるからです。
与党議員も野党議員も、それぞれ「一票でも票を増やしたい」という事で、自分らに都合のいい事を言って有権者達を騙そうとしている政治家がやけに多いです。
有権者はそういうのはきちんと見極めた上で、「自分にとって得になる方」に投票をすべき。


ここ数年アベノミクスの一環としてやってきた円安政策については、得をした人と円安のせいで逆に生活が苦しくなった人に完全に二分されました。
安倍首相は「今現在アベノミクスの恩恵が無い人にも、アベノミクスのエンジンをふかしてこれから恩恵を受けるようにします」と言って、少しでも票を増やそうとしています。
しかし、身も蓋もない事を言ってしまうと、現時点でアベノミクスの円安政策で恩恵を感じず、逆に得をするどころか物価高で生活が苦しくなったという人は、これからいくらアベノミクスのエンジンをふかされても恩恵は感じられないでしょう。
円安で原材料の値段が高騰して内需型の企業やお店は売り上げや利益を大きく落とし、それらで働いている人達も給料が増えるどころか勤め先の業績悪化で逆に給料が減らされそうな勢いです。解雇や倒産で職を失う人も結構出てくるでしょう。
円安政策は輸出系の企業にとっては良かったのですが、内需型の企業にとっては原材料高騰で業績を大きく悪化させただけでした。
で、その円安政策を今後も続けて内需型企業の業績がこれから回復するかというと……。
円安政策では内需型企業やお店の業績が回復する要素が無いんですよね。

輸出系企業が増益した分を世の中にきちんと回してくれたら良かったですが、彼らにしても実は原材料は外国からの輸入に頼ってるのが多く、円安での輸出増のプラス要素が原材料費高騰で結構相殺されてしまったため、国内景気を大きく回復させるほど金を落とせず、トリクルダウンというのは起きないのですよね。
実際にトリクルダウンは起きてなかったし、今後いくら待てど暮せど起きないでしょう。


輸出系の企業で働いている方が与党を支持するならわかりますが、内需型の企業やお店で働いている方、結局物価高になって給料が上がる気配がない一般の方で与党を支持しようという方がいたら、その方は「自分の得する方には投票していない」という事になります。
自分で自分の首を絞めているだけ。


TPPについても、これで日本全国の農家は非常に大きな被害を受けるでしょう。

各地のJAは今回の参議院選挙では各農家に自主投票をするよう選択させていますが、私の周りではTPP賛成派議員に対しては否定的な農家の方が大半です。
TPPを批准されると、自分達の生活がかなり大きな悪影響を受けるからです。

しかし、「TPPで攻めの農業ができます。」みたいに言ってる政治家の嘘にころっと騙されて、TPP賛成派に投票しようという農家がいたら、その農家は「自分の得になる方に投票する」の真逆をやってしまった事になります。
TPPが実際に批准されて国内の農家が大きな被害を受けてから、「騙された……。あの時投票先を間違えた。そのせいで自分の生活は……。」などと後になって言い出しても、それはもう遅い。

TPPについては、農家だけでなく一般の方にとっても実際はデメリットが大きいです。
医療分野や食の安全もそうですが、意外に語られていないのが労働分野で日本が受けるデメリットの部分。
TPPに参加すると外資系企業が地方の公共工事の受注をかっさらって、地方の土建屋が大きく業績悪化するとかの話は、本来は各地の土建業で食べている人は知っておくべきなんですがね。「自分が長年働いてきたところが業績悪化で潰れた」なんて目にあう人も出てくる。
これが意外と知られていない。

賃金の話にしてもそう。
先日のイギリスのEU離脱の投票で今大騒動になっていますが、離脱派からすると、「長年EU加盟国はEUの取り決めに従わざるをえず、EU域内の賃金競争などで特定の分野では低賃金で働かされるはめになっていた」というのも離脱派が大きく数字を伸ばした一因にもなっていました。
共通経済圏を作ると、一部の分野では賃金の競争が起きて、参加国は結局低賃金で働かされるというのがあります。
TPPもEUと同じ感じで、労働分野でも参加国で共通の取り決めをし、そのせいで日本の一部の分野では今後賃金の大きな低下が起きるでしょう。
企業にとっては賃金を抑える事はメリットになるので企業側はTPPを推進したい、でも雇われる側にとっては賃金の下落は自分らの生活をより苦しめる事になります。
残業代ゼロ法案は参議院選挙後に可決されるでしょうが、これはTPPにあわせる形で導入されるのです。
最初は年収規定1000万円以上が対象となり、その後もどんどんこの年収規定は下げられていき、残業代無しで働かされる人々が増えていくでしょう。
派遣法改正でどの職種であっても三年で職場を解雇されるようにしたのも、これもTPP参加のための布石みたいな物です。
海外の派遣で働いている人はもっと職場を頻繁に変更するのですが、それに日本もあわせようという事で、TPPに先走る形で、全ての職場でたった三年でクビにされるようにしました。それがどれだけ長い間働いてきた職場であってもです。
一応「正社員にすれば、雇い続けられる」みたいにもしてはいますが、人件費が高騰するのでそれを選択する企業は少ないでしょう。
今は企業のセキュリティを派遣の方が長年担当してきたというところは結構あるのですが、法改正でそのセキュリティ部門の担当者が三年で解雇されどんどん入れ替わってしまうと、「不正アクセスで情報漏洩が起き、マイナンバーが大量に流出した」なんて事例も今後多々出てきてしまうでしょう。


今回の選挙は色々な事が争点になっていますが、投票する方達はそれぞれが「自分の得になる方に投票する」というのをどうか忘れないように。
与党の政策で得をするという人は与党を応援し、逆に与党の政策で苦しんでる人・これから苦しむ事になる人は野党を応援するように。
票欲しさに嘘をついている与党や野党議員に簡単に騙されて、「自分の得になるどころか損をする方」にはくれぐれも投票はしないように。
どちらを応援した方が自分にとって得になるかは、各々が自分の境遇にあわせてきちんと見極めましょう。


選挙という物は、有権者それぞれが「自分の得になる方の議員を増やす」という事をやる場です。
経済政策一つとっても、得をする人がいれば損をする人もいて、「全ての人が得をする経済政策」なんて物は世の中にはありはしません。
どうもその事をよく理解せずに、「今自分に恩恵が無い経済政策も、続ければ今後恩恵を感じるようになる」などと勘違いしている人を結構見かけます。
残念ながら、経済政策というのは「得をする人がいる一方、それで逆に損をするようになる人がいる」というのが普通なのです。
誰も彼もが得をする経済政策なんてものは幻想です。
各々の経済政策は、「それが自分にとってプラスになるのか?マイナスになるのか?」はきちんと見極めてください。

posted by pokopoko at 14:39| 文章いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


windows8や8.1をお使いの方は、高速スタートアップの設定をOFFにしていないと、USBメモリや外付けHDDのデータが破壊される場合があります。
詳しくは、以前書いたこのエントリをご覧ください。


楽天で見つけたおかしな商品いろいろ。

「世の中には、こんな変わった物もあるのか」と、思わず笑ってしまったり、話のネタ(漫画のネタ)などになったりして、見ているだけでも結構楽しいですよ。