ここは、漫画の作画補助用に作った3D素材を配布している『comic studio3Dモデル配布所』の別館です。
本館ではアップロードできるファイル容量が1ファイルにつき1MBまでとなっているため、もう少し容量の大きい3Dファイルをアップできるよう、こちらにもブログを作りました。

そこそこの容量の3Dデータをアップしたり、3Dとは関係ない話をしたりするかと思います。

3D素材の利用規約については、本館の方の左サイドバーをご覧ください。

本館のurl
http://hamstern.air-nifty.com/comic_studio3d/

2016年09月18日

窓の3D素材です。

コミスタ、イラスタ、クリスタ用の3D素材「窓」です。

awindows.jpg

収録しているのはこんな感じの複数のデザインの窓素材です。
洋館の廊下や、喫茶店やレストランの窓側の壁の作画で使えるかと思います。

どのファイルがどのデザインの窓かは、一緒に収録しているjpg画像の説明で確認してください。

windows160918.zip  
 
 
posted by pokopoko at 20:58| 素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

スマフォや携帯ゲーム機向けのゲーム画面素材の作成

ムカデ対策として足元近くにスピーカを二つか四つ並べて音楽を流しておけば、音が鳴ってるところにはムカデは近づいて来ないのでは、と思ってそれを実践している日々です。
今のところは上手くいってるよう?

それはともかく、以前から考えていたのですが、漫画の中でキャラがスマフォや携帯ゲーム機でゲームを遊んでるカット向けに、「ゲーム画面素材」みたいな物があったら結構便利なんじゃないでしょうか。

コミスタやクリスタで線画とトーンを組み合わせた画像を作るのもいいのですが、ドット絵ベースでの素材もいけるんじゃないかと思って、今現在ドット絵で色々なピースを作って、それを組み合わせてゲーム画面素材をちょっと作っているところです。
予定通りいけば、明日かあさってにはclipの方にアップする事になるでしょう。

一つの画像に色々なジャンルのゲーム画面が複数載ってる形式でアップした方が、使う側は使用時にその中から選べるという利点があるでしょう。
縦画面と横画面両方に向いた色々なゲーム画面を一枚の画像に収録し、使用時はどれか一つを選び、残りは消去して使います。
ジャンルもパズルゲーム系、アクションゲーム系、シューティング系、みたいな。
種類が多いほど作る側には負担がかかりますが。

スマフォや携帯ゲーム機は16:9の画面が多いですが、一部のスマフォは16:9より太めのアスペクトになっているのがあるので、各ゲーム画面も多少太らせて、不要な場合は縦画面のは左右を、横画面のは上下をトリミングして使用する方式にした方がいいのかも?

とりあえず、以下はテスト的に作ってみたやつの一つです。

ゲーム画面素材testup160907010.jpg

各ドット絵を作るのに結構時間がかかりますが、結構良い感じだと思います。

ゲーム画面素材test.jpg
実際は漫画の中では携帯ゲーム機やスマフォは画面は傾いている事が多いでしょうから、こういう風に画面を変形して使います。

posted by pokopoko at 22:12| 文章いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

こち亀終了はショック

生まれた時から連載していたこち亀が終了してしまうと知って、なかなかショックがでかいです。

ジャンプは一時期借りて読んでいた時もあったものの、ほとんどの期間は購入して読んできて、ここ二十年近くは三大少年誌は毎週欠かさず購読し続けて各作品を楽しんでいました。
毎週月曜日に両さんのあのパワフルな言動を見て元気をもらっていた人も多いと思うのですが、それが無くなるのは寂しいです。
時事ネタも色々扱ってきたので、昔の話をコミックで読み返すと「あぁ、こういう事もあったなぁ」みたいな感じで懐かしんだりも。

今回の秋本治先生のコメントを見るに、とりあえず200巻で一区切りつけるという意味の連載終了で、完全に両さんの話が今後まったく読めなくなるというわけではないのでしょうかね?
今までのように週刊では読めなくなるのかもしれませんが、また時々ジャンプに新しい話を掲載して楽しませてもらいたい。
コミックも「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は200巻というきりの良い数字で終わっても、「こち亀」みたいなタイトルでまた続きが出るのかな?

漫画は長期連載作品の一部は新規読者獲得のためか、「タイトルを変えて連載を続ける」というのもわりとありますよね。
何十巻も出ているのを見ると、新規ユーザーはなかなかその作品に手を出しずらくなる傾向があるので、タイトルを変えて1巻から出しなおしてまずは作品に手を出してもらう・・・みたいに。
30年以上愛読している鉄拳チンミも「鉄拳チンミ」から「新鉄拳チンミ」になって、さらに「鉄拳チンミlegends」に変わって楽しませてくれています。

こち亀も完全に連載を終了するのではなく、ペースが落ちても今後また連載を続けて欲しいと思っています。

posted by pokopoko at 10:22| 文章いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

ホームジムアレンジ版(3D素材)

clipのサイトにアップしたホームジムの3D素材のアレンジ版です。

homegym.zip

以下の三種類の3D素材を収録しています。

homegym001b.jpg

homegym001c.jpg

homegym001d.jpg
posted by pokopoko at 19:41| 素材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

今さらになって訃報を知る

何の気無しに久しぶりにゲームメーカーFOGのサイトを覗いたら、社長の宗清紀之さんの訃報がサイトに掲載されていて驚きました。
まさか二月頃にお亡くなりになっていたとは……。

私はFOGのゲームは全てプレイしたわけではありませんが、風雨来記2という作品には結構はまりました。
あのゲームは「自分がまるで実際に旅に行ってるかのよう」に感じさせてくれるのが素晴らしかったですね。
沖縄は実際にはまだ行った事はありませんが、風雨来記2で沖縄のあちこちに行った事が本物の旅行の記憶のように強く印象に残っています。


そこそこ前にmissing partsという探偵ゲームもプレイしましたが、これもかなり面白かったです。
ちょっと冗長に感じる箇所もあったり、中盤から面白くなっていく感じで、序盤だけのプレイだといまいちに感じるかもしれませんが、登場するキャラ達の魅力や、中盤、後半のストーリー展開の面白さなどから、今までプレイしてきた推理物ゲームの中では上位に位置するほどの名作だと思います。

ミッシングパーツは今現在は携帯ゲーム機版(psp,vita用)が全話が入ったダウンロード版が2000円ちょっとで買えるので、推理ゲームがお嫌いでない方は是非一度はプレイしておく事をお勧めします。
シナリオも良かったし、それに加えてイラストを担当していた岸上さんが本当に素晴らしい仕事をされています。


FOGは後年は日本一ソフトウェアさんと組んで雨格子の館シリーズなどをリリースしていたようですが、社長さん無き後は日本一ソフトウェアさんが会社とブランドを引き継いでいってくれるようです。

posted by pokopoko at 13:32| 文章いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


windows8や8.1をお使いの方は、高速スタートアップの設定をOFFにしていないと、USBメモリや外付けHDDのデータが破壊される場合があります。
詳しくは、以前書いたこのエントリをご覧ください。


楽天で見つけたおかしな商品いろいろ。

「世の中には、こんな変わった物もあるのか」と、思わず笑ってしまったり、話のネタ(漫画のネタ)などになったりして、見ているだけでも結構楽しいですよ。